タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぽんこつblog


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

新ジャンル「ゲルググJ」

2006.09.30(08:44) 324

蝙蝠「とりあえず気分一新、実家から持って来たゲルググJでも作るか」

ゲルググ「ちょっと!作りかけのVer.Kaや武者はどうするのよ!」

蝙蝠「いや、別にそいつらは今さら完成を急がせなきゃいけない次元でもないし、
   とりあえず夢麻呂第二弾で、素組み+ディティールを課題に作りこもうかと。
   それには広い曲面をもつゲルググタイプのMSがピッタリかなって」

ゲルググ「だからって・・・私の意志を無視して、いい迷惑だわ!」

蝙蝠「作って欲しくないの?」

ゲルググ「だ、誰もそんなこと言ってないじゃない!
    し、仕方ないから作らせてあげるわ。綺麗に作らないとただじゃおかないんだから!
    で、でも勘違いしないでよね!アンタのためじゃないんだからね!!」

こうですか、わかりません(><)

とりあえず仮組みしました。
スポンサーサイト

ぽんこつblog


タイトル画像

神の領域に足を踏み込んだと、

2006.09.27(04:54) 323

勘違いしそうになるもすぐに思い出す。
新しいものを考え付いて、生み出したと思っても、
それは既に存在していたなんて良くあることで、
ましてや以前に一度聞いたことのあるもののはずなのに、
一瞬忘れていて思い出した。
一昨日の晩御飯はカレーでした。
昨日の晩御飯はちゃんこ鍋でした。
つい4時間ほど前の話、台所にはカレーの残りと、
ちゃんこ鍋の残りが放置されておりました。
・・・やるしかないでしょう?
「クッキングパパ」的表現で言えば「どすこいカレー」
混ぜました。
食べ物で遊ぶなんて罰当たりと思われるでしょうが、本気だったんです。
カレーが大好きです。
ちゃんこ鍋も大好きです。
だったら、ねぇ?やるしかないでしょ?
味は悪く無かったです、少し甘みの強いカレーに白菜やネギやこんにゃくやシメジが入ってるだけのこと。
しかしながら、別々に食べたほうがおいしかったです、
腹が張り裂けんばかりに食った後ですが?

つまり京都の実家にいます、今。
15分後には、始発で大阪に向かわねばならないので大急ぎで書いております、現在4:28。
一昨日の時点では帰ってこようか迷ってましたが、朝、母から電話があり、
祖父が入院したとのことで帰ってきました。
電話で聞く限りではたいした症状ではないらしく、
ただご飯が食べれず、水すら飲めず、点滴のみで栄養を取るしかないけど
一ヶ月くらいで退院できそうという感じでうっすら聞いてましたが、
実際見舞いに行くと、結構辛そうでした。
ベッドに寝たきりで管につながれてるし、会話するだけで息を切らせてるし、
急に老いた印象を受けました。
僕の中で祖父は、「おじいちゃん」だったけど、決して「老人」ではなかったはずなのに。

病院へ向かう途中の道が、すごく懐かしい風景でした。
街の匂いも昔のままでした。
ある喫茶店の横を通り過ぎました。
入り口の扉のあたりで、エプロンをつけた同い年くらいの女の子がしゃがみこんで、メールを打ってました。
昔好きだった子の家です。
その女の子が当人か、それとも妹か赤の他人か、結局のところわからなかったけど。
街はほとんど変わってなかったけれど、変わっているところもありました。
実際、僕が大阪に来てから一気に変わったわけではなくて、
僕がまだ京都にいたころから少しずつ変化はあったんだろうけど、
大学に通う道とは別方向だし、気が付いていなかっただけかもしれません。
それにしても、僕の思い出の記憶と言うのはどうやら、中学生前後のころの記憶であることが多いようです。

僕の記憶している祖父も、頻繁に魚釣りに出かけるような元気な祖父でした。
でもそれもやっぱり、昔の印象に過ぎないのかもしれません。
大阪に来て、時折京都に帰るようになって、もちろんその前からも、
徐々に老いてきてはいたのでしょうけど、
でも別に普通に生活してたし、特に老いを実感していたわけじゃないから、
印象は中学生前後の記憶のまま、変わってなかっただけに過ぎないのでしょう。
だから今回、特に急に老いたように感じたのでしょうけど、
おかげで祖父の印象が病院のベッドに寝ている弱々しいそれになってしまいました。

ずっと「水が飲みたい」って言ってました。
もちろんご飯も食べたいでしょう。
それを知ってる僕が、さっき腹いっぱいご飯を食べました。
かわいそうだとは思うけれど、だからって僕らまで食べないわけにもいかない訳で。
ただ、ほんの少し腑に落ちない罪悪感を持って。
だからとりあえず早く治してもらって、退院したらなにかおいしいものを
おなかいっぱい食べに連れて行ってあげようと思います。
でも退院してももうお酒は飲んじゃダメみたいなこと言われてるらしいので、
お酒を伴わないおいしいものを。
お寿司とかかな?

ってな内容の日記を書かれると、反応に困るでしょ?(笑)

ぽんこつblog


タイトル画像

最近また・・・

2006.09.21(07:46) 322

転職しよっかな~なんて・・・
ええ、またですわ。辞める勇気もないくせに、口だけは達者でね?

今回は仕事がイヤになってきました、内容じゃなくて環境が。
百歩譲って週休二日にしてくれるなら、今の仕事を続けてやらんこともないです。
っていうか百歩譲ってそれですよ?その程度でいいんですよ?
その程度のことすら、満足に与えられない環境がイヤです。
一応立場は「管理監督者」だから、勤務時間や休日の「縛り」は受けないわけですが、
そのくせ出勤時間が決められていて、遅れれば遅刻扱い。
「管理監督者」の定義に矛盾してます。
正直コレね、訴えれば勝てる気がするんですよね。
とりあえず今回から勤務表のコピーを残しておくようにしよう、何かあったときのために・・・

さてそんなことはどうでもいいんですよ、いや良くないけど。
でね、職場のパソコンで転職サイト見てたらば、なんか素敵なお仕事発見。
公園とか保育園とかにある遊具を作る仕事でね、面白そうとかやってみたいとかいう感情の前に、
たた漠然とときめいた。
正直、すごく惹かれてます。
ものづくりという仕事。
ただ、給料が著しく減るのがキツイです。
人生お金が全てじゃないけど、お金はあればあるほど生活は豊かになります、
心も豊かになります。あって困るものじゃないし、むしろあった方がいい。
その程度のことを気にしているようじゃ、本気じゃないんでしょうか?
踏み出せない僕は、本気じゃないんでしょうか?

おもちゃ屋さんになるのが夢でした。
今も変わってはいないつもりです。
しかし、未来がないです。
家電量販店のおもちゃ売り場の方が、まだ未来はあります。
きっと、たいして儲かってないでしょう、それこそオマケ程度でしょう。
それでも、まだ。
今の仕事も似たようなものですが、ややバラエティ色が強いです。
「おもちゃ」というより「おもしろいモノ」を扱ってる感覚。
古くなったおもちゃしか、安く出せません、新製品はほとんど扱いません。
けっしておもしろくないわけじゃありませんが、なんか・・・しっくりこないというか。

悩みが若いでしょ?(笑)

ぽんこつblog


タイトル画像

髪が伸びました・・・

2006.09.19(10:13) 321

この重力の影響を完全に無視したうねりは、
神の悪戯か、はたまた悪魔の芸術か。
そろそろ切らなきゃいけないけれど、切るのも惜しい。
かといってこのままでは鬱陶しい。
実家に帰る暇もない。
この街に来て、一年が経ちました・・・

寝るためだけのものと、割り切って借りたこの部屋に、
もう一年も住んでいます。
マンスリー契約で、家具付き水道光熱費込み92,000円。
やってはいけないと思いつつも一年分でいくらかと計算・・・
会社から交通費を貰って、実家から通っていれば、もうあと百万、
貯金に上乗せされてたのに・・・と。

ん?なんだ、たったの百万か・・・
だったらいいや、別にいいや。
この一年、百万ぽっちにゃ代えられないくらいの、出会いと経験。
最初は殺風景だったこの部屋に、ぬいぐるみやプラモが増えて、生活空間になった。
あの娘のおかげかな・・・
あの娘だけじゃなくて、全ての出会いが。

引越しや転職も、本気で考えてはいるのだけれど、その一歩を踏み出せずに、
足踏みしている、踏みとどまっている。
それって本気じゃないのかな?
どっちにしたってそんな想いも、いずれは過去へと色褪せる。
だから今、こうして、今の想いを、この文字に。

ぽんこつblog


タイトル画像

白色蛍光灯の魔力

2006.09.10(10:18) 320

相変わらずカルピスのバリエーションを楽しむ日々を送っております、蝙蝠です。
今日はアイスレモンティーで割ってみました。
色こそやや抵抗を感じる色味(デザートカラーに塗装した後に筆を洗った水の色)ですが、
味はなかなか。
走行してる間になんか上下に分離してきました。
俗に言う、「ドラえもん・ドラミちゃん現象」というやつです。
おそるおそる口に運ぶと、味はべつに変わりません。
のでこのまま飲みます。

さてタイトルですが、僕の部屋の照明はオレンジ色です。
いわゆる暖色というヤツです、電球色というやつです。
まどろみます、激しく、わたしはとても。
しかしどうしたことか、先日購入した卓上スタンドの白色蛍光灯をつけると、
一気に作業モードです。
なんか、その光に照らされている空間だけ別世界のようです。
実家の部屋で作業しているような錯覚にさえおちいりました。
パテをこねるための水を汲みに台所へ向かったとき、急に現実に引き戻されたようで
戸惑いました。
あの光の色は、仕事とか勉強とか、なにか集中することに影響あるのではないかと思われるほどに。
学習机は理にかなっていたのねぇ・・・やるな!くるくるメカ!(違)

なんかおなか痛くなってきました・・・レモンカルピティーのせいでしょうか?

さて今日の作業ですが、まずデザインナイフの刃を換えました。
なんだそんなことかと思われるかもしれませんが、この程度のことが今の僕には・・・
といった具合に、ほんの、ちいさな、できごとに~愛は傷つきません、
海は死にますか?山は死にますか?風はどうですか?空もそうですか?
まぁともかく、そんな些細な出来事を大げさに書くことによって
ろくにプラモれない現状を必要以上に過度にアピールし、同情を請うというのが
最近の僕のブログスタイルだったワケですが、ぶっちゃ毛~
どうやらそうもいかなくなったようで。
結構作業できるもんです、やってみれば。
今日はまず、簡単だけど大げさな作業をやってみました。
膝アーマーを削り込む際に裏打ちしていたエポパテを、
真新しい刃のデザインナイフでいい具合に削り込み。
カリカリを薄く、心地よく削れていくエポパテの塊の色が、
黒く黄ばんだ表面が削れていき、鮮やかな肌色の内面が見える過程が、
戻ってきたな~と実感させてくれました。
後はパワジムの腕にメンタム塗って、盾接続基部との間をエポパテで埋めたり、
ヘルメットにエポパテ盛ったり。その程度。

っていうかそろそろ寝なきゃなのでばいちゃ☆

ぽんこつblog


タイトル画像

今日は・・・

2006.09.06(08:50) 319

ガンプラ作りました、やっと。
スタンドライトとか買って、工具とか広げて、制作環境はほぼ万全。
ただいかんせん、パーツが足りない。
ジャンクパーツや他の未完成品達、実家においてきたものたち全てが、
僕のガンプラライフにはやはり必要だった。
アレもいる、コレもいる、全て含んでの制作環境。
やはり引越しでもしない限り、その全てを完全にするのは難しいのか?
ただこの現状でも、やってみれば案外できそうな気はするけど、
やはりどこか踏み出しきれない・・・とりあえずパテでもこねてみようか?

でね?こっち来てから素組みとはいえ二体ほど作ってはいたのですが、
いずれもMGだったので、このサイズは久しぶり。
HGUCパワードジム!
やっぱええわぁ~このサイズ、この関節の硬さ!
MGはでかすぎるし、関節いろいろ動くのはいいが、それゆえ緩過ぎるし。

ともなれば話題はVer.Kaに移ろうかというところですが、ここはあえて武者頑駄無。
やっぱね、超可動と鎧装甲は相容れないものがありました・・・
腕が!腕が動かんのですよ!
抜刀ポーズなんて夢のまた夢だったんですよ!!
肩鎧と手甲のアレでね、全然まったく動かしようがなく・・・
だもんでHGUCガンダムもう一体買って(8体目?9体目?)
普通の武者頑駄無と超可動ガンダムの二体を作ろうかと思ってね?
昨年8月ごろの日記で、もともと別々に作っていたこの二体を
合体させようか否か悩みに悩んだ結果の合体だったわけですが、
あえなく元通りと相成り・・・
いやちょっと待ちなよ、おまいさん。
もともと超可動は何のためだったのか?
そう、コレは

「 苦 手 克 服 プ ロ グ ラ ム 」

うまく動かないからって逃げたんじゃ、克服じゃないでしょ?
苦手なまんまでしょ?
だから作るの、どうにかして。

とりあえずパワードジムと一緒に買ったストライクノワールが目に付く。
きゃつの可動は驚異的だったはず、一体どんな構造をしているのかと説明書を見るとそこには・・・
ダブルボール!?
結構意外な構造してた(笑)がしかし、それでアレだけ動くなら、ダメもとで試す価値あり!
よぉし、パワードジムのパーツと一緒に部品注文だぁ~
っていう内容の日記を面白おかしく脚色して書くつもりだったがそれどころじゃなくなった。

そう、ホントにパワードジムを作りながら、上記のような日記を書こうと思ってたのね。
でもね、完成したパワードジムの破壊力が思ったよりやばくて、
そのことに触れざるを得なくなったってワケ。おわかり?
サイズ、関節の硬さは前述のとおり、それに加えて腕の可動範囲、
前腕のみの合わせ目、バランス、どれをとってもHGUC最新作の名に恥じない仕上がり!

もちろん製作途中のVer.Kaと組み合わせてみたさ!
するとどうだ、まさにコレはもう・・・Ver.Kaとして完成してるといっても過言ではない。
今まで作っていた部分で自分が自信を持っていた、
頭部、胸部、つま先、武器、シールドに加え、完璧な状態の
肩部、腕部、腰部が追加された・・・
あとはヘイズル二号機の脚部待ちと、頭部の改修、バックパックのみで
本当に大まかな形として完成してしまう。
苦節・・・何年だっけ?3年くらいだっけ?
あとはディティールとか、そんなんばっかだし。
ヤバイ、これマジやばいよ、どうしよう?

冒頭で述べたように、環境のほとんどをそろえたとはいえ、やはり以前と同じようには
制作できなくなっていると思われる。
しかし、これも同様に述べたように、きっかけがあればできるとようになると思う。
まだこっちでは素組みしかしたことがないことに対して、プレッシャーなのだ、
びびってるだけなのだ。
あとは気持ちの問題・・・
なんでもいい、ちいさなパーツひとつでいい、
ちょっとパテや何かを使って「改造」をしてみれば、
おのずとできるようになると思うんだが・・・
その一歩が!その一歩を!がんばれ!俺!
っていう内容の日記を面白おかしく脚色して書くつもりだったがそれどころじゃなくなった。

アルテコ忘れてきた!(´・ω・)

ぽんこつblog


2006年09月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 新ジャンル「ゲルググJ」(09/30)
  3. 神の領域に足を踏み込んだと、(09/27)
  4. 最近また・・・(09/21)
  5. 髪が伸びました・・・(09/19)
  6. 白色蛍光灯の魔力(09/10)
  7. 今日は・・・(09/06)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。