タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぽんこつblog


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

宮本茂氏(任天堂専務取締役)に会った話

2016.01.04(19:19) 1191

さてお正月も三が日を過ぎましてー、早い方は今日から仕事始めなのでしょう、ご苦労様です。
一方無職のアテクシは、「パチンコ業界の衰退により仕事が暇」を言い訳に、
ちょっと長めのお正月休みということになっており、もう2,3日したら愛知に帰ります。
それ以上は流石に誤魔化しきれんだろうし、おばあちゃんに対して。
懸念していた父への病状の説明は思ったよりあっさりと、自分の思うようにしたらいいとのことでして、
少なくとも傷病手当が出る10月末までは愛知にいそうです。
それより僕が帰る部屋をリフォームするお話が出ており、せっかくならば模型のしやすい部屋がいいなー
みたいな話を今後詰めていくことになりそうです。

そんな我が家ですが、実は三が日はバタバタしてまして、元日に隣に住む大叔父(祖父の弟)が他界し、
2日に通夜、3日が葬儀となりました。喪主は大叔母ですが二人には子供がいないので、
葬儀の手配だなんだかんだは甥にあたる父がお手伝いし、となれば僕もちょこちょこ雑用を言いつけられ。
んでまぁこういう機会がありますと、我が家のドロドロした家庭事情を耳にすることもありましてね?
今度のためにといろいろ聞いておいたわけですよ。

まず僕の曾祖父は今の実家の場所で造り酒屋をしていたらしく、実家周辺の一帯は昔、我が家の土地だったようです。
曾祖父には奥さんがいたのですが、この二人の間には子供が出来ず、奥さんは早逝されました。
曾祖父は女中と再婚し、この人が僕の曾祖母になります。
この二人には、女・女・女・男(祖父)の4人の子供が生まれ、その後曾祖父は病死します。
やがて曾祖母も清水さんと再婚し、二男をもうけます。このうちの兄の方が今回他界した大叔父です。
つまり、僕の祖父と大叔父は種違い、ということになりますね。

曰くこの曾祖母はあまり良い人ではないらしく、戦後のごたごたで我が家の土地だった周囲一帯をみるみる他人にとられ、
何とか残ったのが今の僕の実家の土地。
さらに6人の子供全員を自分が生んでおきながら、自分の子供は清水さんとこの二人だけだと、祖父たちに言ったそうです。
祖父はそれが情けなくて、自分の家族にはそんな思いはさせたくないと、みんな平等にしてきたんだと、
つい最近祖母に聞きました。実家の相続の件でも、姉たちとも随分もめたようです。
おかげさまで僕ら兄妹と従兄妹たちは仲良しですよ、ちょっと妹1とは揉めたこともありましたが
姪子ちゃんを産んでくれたのでもうよいです、姪子ちゃんカワユス(*´Д`)ハァハア
CXyJMP4UkAEjQtg.jpg
姪子ちゃん自身には「お髭のおじさま」と呼んでいただきたいところですが、今のところ周囲からは
「寝かしつけおじさん」と呼ばれてます。僕が抱いていると割と寝つきが良いようで。光栄ですが。
因みにすぐに粉ミルクを飲ませようとする母は「ミルクばあや」、すぐに泣かす下の妹は「泣かしおばさん」ですw

話がそれましたね。
曾祖母は孫である父に対しても、イジワルだったようです。
自分がお菓子を食べているところに父が近づくと、サッと机の下に隠したりだとか。
まぁなんやかんやで父の代まではあまり関係がよろしくなかったみたいですね。父も短気な性格で黙ってられない性質ですし。
一方僕は、曾祖母に特に思い入れはありません。
僕の小さい頃は我が家はテレビ大阪が映らなくて、何故か隣の大叔父の家は映ったので、
妹と二人でアニメを見せてもらいによく行ってました。ダッシュ四駆郎ですね。
大叔父も大叔母も小さいころから良くしてくれて、曾祖母はもう年でソファーに座ったきり特に動くでもなく。
曾祖母が亡くなった時のことはあまり覚えてません、小さかったですし。
それでも今回大叔父が亡くなって、お棺に好きだったものを入れようって話になって、チーズが好きだったという話を聞いたときに
そういえばテレビ見せてもらいに行ってた時、よく6Pチーズを食べさせてもらってたなぁと思い出すくらいには、
良くしてもらってたんですよ。

そんな僕も大きくなるにつれ、特に思春期になりますと親戚づきあいもちょっと恥ずかしかったり、
顔を合わせたら挨拶する程度になってしまって、その後は一人暮らしをするようになり、大叔父も病気で入院し、
でもリハビリをすれば回復するって聞いてたんで特にお見舞いにもいかなかったんですが、突然会えなくなっちゃいました。
しかも薄情なことに、小さい頃に良くしてもらった自覚はあるのに、涙は出ないもんですね。
祖父の時はそれはもう…
とりあえず罪滅ぼしのつもりで、できることはできるだけ手伝ったつもりですが、まだまだ返しきれていない恩は、
今後大叔母へ返していくことになりそうです。

新年早々、姪子ちゃんの明るい話題と大叔父の暗い話題で混乱させる記事になりました。
実際親戚一同も混乱してましたもの、お葬式の場で、妹は出席こそしなかったものの旦那が来てくれて、
「赤ちゃんおめでとう」とは何度か言われてましたし。
そんなバタバタ三が日でした、というお話。

え?宮本茂さんに会ってないじゃないかって?
お会いしましたよ、お葬式に来てくださいましたし。親戚ですもん。
スポンサーサイト


ぽんこつblog


日記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ジム | ホームへ | あけおめ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。